CARLOS

8 投稿0 コメント

撮影 LEICA M Elmar 5cm F3.5

NPO夢織工房

障がいの有無にかかわらず、誰もが孤立する事のない、真に自立的文化的な生活が営めることを目指した支援活動を行うNPO法人「夢織工房」のサイト。活動内容の紹介のほか、紙媒体「夢織通信」の編集、騒コンサートやサンバワークショップの映像撮影も担当しています。

映画チャンネル

自主映画を中心に独立系映像作家を応援するサイト。オンライン上の上映館である「キネヅッカ」と、独立系映画作家と映画作品にまつわる話題を取り上げる「キネトーク」、オンライン即興ドラマ番組「生ネコバニーの冒険」などから構成されています。

Tomomi Adachi Concert “NUe” – 足立智美コンサート「ぬぇ」

「ぬぇ」by足立智美と19人の演奏家。千住ヤッチャイ大学主催による古民家ギャラリー北千住「たこテラス」での演奏。Ustreamの配信と上記記録映像制作を行いました。

NPOチャレンジブラジル

ブラジルでの生活体験を提供するNPOのウェブサイト。

新宿歌舞伎町その3

新宿歌舞伎町の建築にも目が慣れてきた一行。だんだん口が悪くなっていく。 ディスプレイ ※ フィールド音声を聴く 8分00秒 海野「ちょっとあのネオンの感じ下品じゃない」 カルロス「どれ?あー」 関谷「逆にあそこに店の名前出させないみたいな上品な感じもあるよ。各店舗がそれぞれの名前とかにしてしまいたいところだけど、」 カルロス「たしかにディスプレイの場所になってるね」 関谷「それはやってくれるなと。より雑居ビルっぽく見えちゃうから」 海野「じゃ、そのディスプレイのところいらないじゃん」 関谷「つくってみたら、うわー、なんかすごくなっちゃったよみたいな?」 海野「あー、エライの入ってきちゃったとか」 海野「ここは統一してますね。やっぱしっかりしてる(笑)」 一同「しっかりしてる(笑)」 カルロス「まず色変える必要性ってあるのかね。ふしぎだよね」 関谷「見やすいですよね」 カルロス「あ、見やすい。まず。機能面ね」 関谷「さっきも階で分かれてますよね」 (このあたり風が強いのでノイズあり) 歌舞伎町 新宿のアールデコ カルロス「今度のもまた外国っぽいですね。どこっぽいのかな?むしろ現代ですか?」 海野「ちょっとラブホっぽくないですか?やっぱR(アール)ついてるし。 カルロス「何かとアール付けたがるのも夜の建築ですよね。あと、スペイン的な感じですか?それとも少しアールデコな感じもあるかな?実はおしゃれな建物ですかね。案外古いのかな」 海野「あれ何?あの出っ張り」 関谷「あー、空調室外機。上から三段目とか見ると置いてある。室外機置き場だね。 海野「オシャレだね」 関谷「照明も凝っていて下からアッパーライト当てたりしている。」 カルロス「アールデコ風な感じでてるな」 海野「室外機はみ出しちゃってるね。想定外の大きさだったかな? カルロス「室外機が外に出てるというのはこの辺のこの規模のビルでは良くあることなんですか」 関谷「あ−、このぐらいの規模だと、いや、大きいビルだと上に置いちゃうんですよ。でも店舗店舗で各々空調となると、各階で起きたくなるんですよ。で、だいたい屋外階段とかにやったりとか、裏にやったりとか、前面には露出させないんだけど、 カルロス「それを・・・」 関谷「あえて、前面に持ってきてます。グレッチングとかにして、裏っ側にやると、結局スペースとられちゃうので、それをなくして広くして、代わりに表面に持ってきています。これはアイデア、工夫ですね。 海野「80点?」 関谷「うーん、思いついた!という感動が感じられますね」 海野「関谷さんが80点って、そうそう出さないから(笑)」 カルロス「これはすばらしいということでしたが・・」 海野「でもこれ不安じゃない?はみ出してるし」 看板の統一感 羽野「この看板、今までと違って統一されてません?」 カルロス「看板の一枚一枚に枠撮りがされているところとかね」 海野「まわりは立派すぎて、中の字がエラいチープに見えるよ。フロアの2スペース分あるんだろうけど、ほら、カンバン2枚に跨ってて、文字が途切れてる」 一同「はははは」 カルロス「夜の建築で見られるカンバンって特徴あって、こういう場所だとちいさな店舗が各々カンバン出すことになるでしょ、それが一カ所にでることになって、それが他の建築ではあんまり見ることないし、その分アンバランスなものがたくさん生まれてくる余地があるよね。ここは白で整えてるね」 海野「あのガラスいいですね、あのガラス」 カルロス「ステンドグラスだね。どう?あのステンドグラス」 海野「急に古いですね。」 カルロス「古い?」 海野「でも青が多いですね。昔のはもうちょっと緑とか黄色が多い感じ」 関谷「たぶん、あのステンドグラスは後付けでやったと思います。上は空いてるじゃないですか。 海野「店用に後で付けちゃったとか?」 関谷「後で付けちゃったかですね。よく見ないと分かりませんが、本当は付けちゃいけないかも知れません。メッシュ状にしておかないと外階段になりませんから。 海野「あー、スケスケじゃないと?」 関谷「屋外じゃなくなっちゃうんです。」 歌舞伎町 新宿の夜の色使い ※ フィールド音声を聴く 通りを見通す交差点から カルロス「やはり地方都市はね、レインボーなんだよね。新宿はね、白くなってきている。昔ってもっとゲスな感じあったじゃない。金ピカなかんじとか。それがどんどん冷たい白い色に変わって行っているね」 海野「街に呑まれて行ってるんですかね?街に合わせているというか。ピンク色の店入らないですもん、ここ。 カルロス「あの、カンバンとかおしゃれ感出してるでしょ」 海野「あー」 カルロス「ま、それでもやはり、レインボーも出現してるな」 海野「はははは。でもこっちって全然来ないですよ。」 (一同歩きながらカンバンに注目) 海野「白いっすね、ホント」 カルロス「あー、典型的なレインボー、こっちは白ですね」 (黒い色使いと青色LEDの装飾のあるビルを見ながら) 海野「こっちはどうですか?少し若い感じ。渋谷っぽい。」 羽野「こういう建築って、夜の商売に特徴的なものじゃないですか?つまり外階段付けなきゃいけないことを、うまく利用してこういう見せ方してみたり」 カルロス「なるほど」 羽野「必要に迫られたとは言え、夜の建築だけどうしてこういう発展の仕方をしたのかは気になるし、今後の研究にしていきたい部分ですね。」 カルロス「さて、このへんで反省会に入りましょう」 意気の構造 一同は、今回のフィールドワークを総括するべく、居酒屋へ。 「いき」の構造 九鬼周造先生の「いき」の構造のなかに新宿歌舞伎町の町並をプロットしてみた。

新宿歌舞伎町その2

夜の建築は建築基準によって生まれた? 夜の建築の意外な事実。 レリーフ 角に開口部を持ち、階段が配置された、典型的な夜の建築物を見ながら。 羽野「天井がガラス張り、鏡張りですね」 関谷「あれも周辺に配慮しないといけないんですよ。苦情とかがあると行政も指導したり」 カルロス(壁に2メートル角の女神を象ったレリーフをさして)「あのレリーフはどうでしょう?」 海野「来ましたね」 カルロス「あれはいい?」 海野「あれちょっとかかってますね」 カルロス「ああいうのは元ネタがあるの?」 海野「ありますね」 カルロス「模倣して作っている?それとも誰かがだいたいで?」 海野「あー、だいたいじゃないですか」 カルロス「模倣してるけど、作っている人のイマジネーションで作られるとか?」 海野「そうですね、でもあれちょっと顔が新しいですよね。さっきのより」 カルロス「どういう意味?」 海野「今っぽい顔しているというか」 羽野「へー」 海野「ちょっと丸いというか。もうちょと角張ってるじゃないですが、ギリシャ彫刻とか。さっき方が角張ってたでしょ。」 カルロス「なんか絵画とかを参考にしているとか」 海野「そんな気もしますね」 カルロス「右のムネのところぐっと押さえてますね」 海野「気にしてますね。ちょっと宮沢りえ的な」 カルロス「これ時代が経つとどんどんアニメ顔とかになったりするのかな?」 海野「ははは。あるかもしれないですね。」 外部避難階段の華麗なる擬態 (関谷さんがひとり建物の裏がわを見に行く) 関谷「これがそうです。避難階段が後ろにありますね」 カルロス「さっきのはデザイン的に前面でつかっていたわけですね」 カルロス「さて僕等はいまホテル街にいるんですけど、色がね、なんか青とか白が多いですよね」 海野「青いですね」 カルロス「昔のとか、地方に行くともっと色が違う印象があるんですけど」 (区役所通りのほうへ歩く。オスローバッティングセンターから新宿バッティングセンターへ) カルロス「なんか面白い建物ありましたか?」 関谷(正面から見ると中心で線対称に見える建物を指して)「これ、こう見えて、右が屋外避難階段です」 一同「へー」 カルロス「同じように見えてるけどね。真ん中にアーチ状の入り口があって夜の建築の片鱗を見せてます」 関谷「実はそうなんです」 カルロス「第5本間ビルを見てみると、看板がレインポーですね。僕は夜の建築の特徴のひとつにこのレインボーを挙げているんですけど。 海野「?」 カルロス「看板がなぜか、レインボーのグラデーションになるという傾向があるんですよ。」 海野(色違いの看板をみつけ)「明らかにマリーゴールドが足引っ張ってますね。」 カルロス「あとから『同じような色にして』っていったらああなっちゃったみたいな」 海野「はははは、ありえる」 カルロス「店の入れ替わりとかもあるからね」 羽野「建築の人から言わせたら看板を統一させたいとかそういうのもあるものなんですか?」 関谷「そうですね」 羽野「これフロアで統一させているということですかね?」 関谷「でしょうね」 カルロス「あとAKビルで見たように、前面に柱条の壁とガラスで縦の長いラインを 作り、建物を大きく見せるような効果が見られますね」 関谷「あの素材はガラスブロックですね」 海野「昔の町医者はこんな壁でしたね」 カルロス「昔ありましたね」 関谷「今も割に使われますよ。それなりに普通のガラスよりは断熱効果がある。値段的にも高いです。ガラスブロックの中でもすこし面白いですね」 カルロス「中が赤く塗ってあって、あと、途中で壊れたのを取り替えたら色が違っていたみたいな」 海野「ちょっとこれ襲撃受けてません?」 一同「(スー)」 海野「あれ割るって相当ですよ。あの別に赤いところあきらかに貫通してますよ」 カルロス「バヒューン、バヒューン」 海野「ゴールドマリーですか」 カルロス「青色LEDの発明以降、夜の街にも青とか白の照明の隆盛が反映されてきている気がしますね。」 カルロス(たくさんの店舗の表示のある看板を指し)「看板の彩りなんてどう?あの配置とか。勝手にやらないとあの配置は出てこないよね」 海野「なにもバランストって無い」 カルロス「好き勝手やらないとね。逆に言うと、絶対にありえないよね。こういう場所じゃないとでてこない色の配置というか。言い過ぎ?褒めすぎ?」 海野「いや、褒めてないでしょ。ひとつも褒めてない。ビックリしたわ」 新宿バッティングセンター 一行はバッティングセンターの看板に描かれた人物が気になる様子。 ※ フィールド音声を聴く1分20秒 海野「あれ長島?」 関谷「長島っぽいけど左バッターだから・・・」 海野「構成にあわせて左バッターにしたとか」 カルロス「王選手?あっ中畑?」 海野「中畑?」 関谷「中畑も右打ちですね」 海野「王さんは」 関谷「王さんは左。顔は長島っぽいけどね。」 海野「でも中畑も少し入ってるよね。」 羽野「実はデザイン凝ってますよね。ネオンの一部がボールとバットになってたり」 羽野「うしろのSOPHIAが借景になってたり。」 海野「スパイダーマンいるね」 つづく

TOP AUTHORS

15 投稿0 コメント
3 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
8 投稿0 コメント
1 投稿0 コメント
4 投稿0 コメント

Most Read